医療保険で必要なプラン

医療保険で必要なプラン

医療保険の中からお客様に合ったプランを提供すること

医療保険で必要なプラン
「こうったプランもございますが、いかがでしょうか?」と、私がお客様にお勧めをしたのは、医療保険のいくつかあるプランの中でも、そのお客様に1番合っていると思ったものでした。私は今、保険会社に勤めていて、ここで働き始めてから、もう今年で4年になります。働き始めたころは、保険についての知識が全くと言っていいほどなく、お客様の相談に乗るどころか、自分の会社で提供している保険でさえも、あまり理解できていない状態でした。そんな私は、今では自分からお客様に合った保険のプランを考え、それを提供できるようにもなってきたのです。そして先日も、医療保険への加入に悩まれていたお客さまのご相談に乗らせていただきました。そのお客さまは、中華料理店でシェフをされている男性で、医療保険への加入を考えておられたのですが、そのプランに悩まれていました。その悩みの種とは、この仕事柄にありました。中華料理店のキッチンというと、そのあちらこちらで油を使っていて、日々些細な火傷が耐えないのだそうです。そこで、もし大きな火傷を負ってしまったり、中華包丁などで怪我をしてしまったときのことを考えると、手厚い保障のついているプランがいいのではないかと考えておられました。しかし、保障内容ばかりを見ていると、その保険料がどんどん高くなると、悩んでおられたのです。それを聞いた私は、保障内容の充実したプランを、定期で加入することをお勧めさせていただきました。定年されるまでの働いている期間には、もしものことがあっても大丈夫なように、その年齢までの年数を計算し、その期間のみの保険のプランをお勧めさせていただいたところ、お客様がそれを大いに気に入ってくださったのです。こうして、お客様は加入される医療保険を決められました。この保険会社での仕事は、まさにこれの繰り返しで、日々やりがいを感じることができています。これからも、お客様に良い保険を提供していきたいです。

ピックアップ情報